協会概要

ごあいさつ

公益社団法人日本しろあり対策協会 会長 土井 修一

 本会は木造建築物のシロアリ被害および腐朽を防止する目的で、国土交通大臣の許可を得て結成された50余年の歴史を持つ法人です。平成25年1月4日には、内閣府の認定の下、公益社団法人に移行いたしました。

 本会の目的は、建築物や工作物等をシロアリと木材腐朽菌による被害から守ることによって長期の耐久性と安全性を確保し、あわせて木材資源の有効利用で国民生活の向上と地球環境保全に寄与することにあります。

 この目的を達成するために、シロアリ防除講習会を実施し、防除施工士の検定・登録を行っています。また、シロアリ防除および防腐に欠かせない薬剤等の認定登録やシロアリ防除の工法及び材料等の登録もすすめ、関連の仕様書を整備しています。さらに、建築物の維持管理を確実に行えるようにするため、蟻害・腐朽検査講習会を実施し、検査員の養成と登録を行っています。この他、消費者対応事業や文化財等蟻害腐朽調査事業など、消費者の皆様や国民の財産保全のための事業も展開しています。

 これらの事業を進めるためには、シロアリや木材腐朽菌の生態、薬剤、建築、防除施工などの専門的かつ経験的な知識が必要・不可欠です。そのため、北海道から沖縄まで8連携団体のご協力をお願いするとともに、住宅・薬剤・木材・木質材料等、それぞれのメーカー、あるいはそれぞれの専門分野の先生方のご協力も頂いております。

 シロアリの被害や腐朽を防ぐことによって木造建築物を高耐久化・長寿命化することは、炭素を長期間固定・貯蔵することにつながります。地球温暖化を防止するだけでなく、木質資源の温存、持続可能な社会の構築に貢献し、「森林の理想循環系」を確立することになります。

 本会は、消費者の皆様や行政、関連業界に向けてシロアリ・腐朽の防除および被害についての啓発・普及活動を行うと同時に、良質で耐久性の高い建築物のストック形成のためシロアリと腐朽の防除技術・工法を開発・発展させ、また、既存建築物の維持管理に必要な診断技術を持つ技術者の育成など、社会の要請に応える諸事業を展開してまいります。

 皆様のご指導ご鞭撻をお願いするとともに、なお一層のご協力を賜わりますようお願いいたします。

ページの一番上に戻る