出版物

しろあり

しろあり No.142

142

しろあり No.142 2005年10月 社団法人 日本しろあり対策協会

目次

<巻頭言>

私の防除歴55年を振り返って・・・有富榮一郎・・・(1)

<報文> 

シロアリにおけるカースト分化機構とその進化・・・三浦 徹・・・(3)
江戸時代のシロアリ対策
  ――鯨油を用いた防蟻礎石――・・・藤本英人・・・(9)
小笠原におけるダイコクシロアリの加害生態調査・・・森本 桂・・・(15)

<工法・システムの紹介>

ベイト工法「サブスティック」について・・・安芸誠悦・・・(19)

<会員のページ>

IRG36回大会(インド、バンガロール)に参加して・・・加藤寛也・・・(24)
今年のシロアリの群飛状況および被害状況について・・・井上康冨・・・(28)
被告席からの報告書・・・尾崎精一・・・(31)

<ひろば>

業界雑感・・・飯田高雄・・・(52)

<委員会報告>

ヤマトシロアリの群飛状況・・・広報・普及委員会・・・(54)

<協会からのインフォメーション>

見城芳久先生国土交通大臣表彰受賞・・・(59)
編集後記・・・(59)

ページの一番上に戻る