シロアリと防除対策

【発行元】
社団法人日本しろあり対策協会

【編 集】
シロアリと防除対策編集委員会

【発行年】
平成12年11月30日

【版】
改訂版

【サイズ】
B5/389ページ/ハードカバー

【頒 価】
3,150円(税込)

【概 要】
1980年に刊行された「しろあり詳説」の改訂版。木造建築物の生物劣化とその防除対策の総合的解説書。

【目 次】
第1章 シロアリ
 1.1 形態
 1.2 分類と系統
 1.3 生理と生態
第2章 被害・探知・予防
 2.1 シロアリによる被害
 2.2 シロアリの探知
 2.3 シロアリ以外の建物害虫
 2.4 予防
第3章 木材と木質材料
 3.1 木材の基礎知識
 3.2 木材の物理的性質
 3.3 木材の機械的性質
 3.4 木材の化学的性質
 3.5 木材の耐久性について
 3.6 木質材料
第4章 防蟻防腐剤
 4.1 防蟻剤
 4.2 防腐剤
 4.3 協会認定薬剤の組成
 4.4 日本工業規格の予防剤
 4.5 安全性
第5章 防除処理
 5.1 木材の組織と浸透性
 5.2 浸透に関する法則
 5.3 薬液の性質と浸透性
 5.4 木材処理法
 5.5 処理木材の性能
 5.6 土壌処理法
 5.7 駆除処理
第6章 木材の腐朽
 6.1 木材の腐朽とは
 6.2 木材を腐朽させる微生物
 6.3 木材の変色と汚染を起こす微生物
 6.4 木材腐朽菌類の体制と生活環
 6.5 腐朽の進行経過
 6.6 腐朽による木材の変化
 6.7 腐朽の発生条件
 6.8 木材の耐久性
第7章 新防蟻工法
 7.1 ベイト(bait)工法
 7.2 物理的工法
 7.3 床下環境改善工法
 7.4 生物学的防除
 7.5 アオモリヒバ(ヒバ油)に含有する有効成分
 7.6 ゲットウに含有する有効成分(精油)
第8章 木造建築物の耐久性と劣化診断
 8.1 木造建築物の耐久性
 8.2 木造建築物への水分の浸入
 8.3 木造建築物の劣化の実態
 8.4 木造建築物の劣化診断
 8.5 木造建築物の保守管理
第9章 防蟻施工の安全管理と環境保全
 9.1 防除施工の安全管理基準
 9.2 製造物責任法(PL法)
 9.3 PRTR法
© 1999 The Japan Termite Control Association.