お知らせ

羽衣の松のイエシロアリ被害

羽衣の松のイエシロアリ被害

トピックス2013.07.09

富士山世界遺産の構成資産である三保の松原(静岡市清水区)の
先代「羽衣の松」が枯死し、倒木の危険もあるため7月3日、伐採されました。

伐採木を観察すると、枯死の原因は寿命であるとしてもシロアリの被害が
そのひとつの要因になっていたことがわかります。

折しも陸前高田の奇跡の一本松の公開日に当たり、対比して全国に報道されました。

 

  伐採前の「羽衣の松」

 

  伐採中の様子

 

  イエシロアリの被害

 

  上部の枝にも被害が見られる

 

  伐採終了後

ページの一番上に戻る