お知らせ

お知らせ一覧

個人住宅への蟻害・腐朽検査募集について

募集2017.03.14

公益社団法人日本しろあり対策協会では、木造建造物の保全に寄与する目的と、検査制度の普及の

ために個人住宅を対象とした、蟻害・腐朽検査を無償で実施します。

募集内容は以下のとおりです。

 

1.対象

(1)  木造建造物で個人住宅であること。

(2)  構造上床下点検が可能な建物であること。

 

2.申し込み条件

(1)  所有者自身が居住していること。

(2)  検査結果は協会のHPで公開する場合があることを了承していただける方。

但し、公開する場合は次のとおりとします。

①    建物の外観は出さず、住所は○○市、A宅とし、個人が特定されないようにします。

②    報告資料は、間取り図、平面図、床下写真程度とします。

③    公開する場合は、検査結果資料を事前に住宅の持ち主に確認していただき、承諾の上で公開するものとします。

④    公開は協会のHPのみとします。

 

3.検査内容

(1)  検査対象

シロアリの侵入・食害被害、カビ・腐朽被害とします。

シロアリ以外の木材食害昆虫類の調査は被害の有無のみとします。

(2)  検査方法

原則として、蟻害や腐朽箇所は非破壊検査(目視、打診、触診など)によるほか、腐朽環境(床下温湿度、通風状況、床下地盤面や床下木部の含水状況など)は、簡単な現場用計測器などを用いて行います。

(3)  検査報告

検査の結果を報告書にまとめて提出します。

 

4.検査員

   公益社団法人日本しろあり対策協会認定の蟻害・腐朽検査員及びしろあり防除施工士が中心

となって行います。

 

5.問い合わせ先

   公益社団法人日本しろあり対策協会

      〒160-0022

   東京都新宿区新宿1-12-12 オスカカテリーナ4階

   03(3354)9891

 

6.申し込み期限

     平成29年 6 月 30日

 

7.その他

     申し込み多数の場合、ご希望に沿えない場合があります。

 

申込書はこちらになります → 一般住宅蟻害・腐朽検査申込書

<文化財建造物所有者向け>文化財建造物の蟻害・腐朽検査募集について

募集2017.03.14

※このお知らせは、文化財建造物等所有者の方向けの情報です。

本会では、文化財建造物等の保存に寄与するため蟻害・腐朽検査を無償で実施します。
募集内容は以下のとおりです。

 1.対象

  (1)文化財保護法(昭和25年法律第214号)に基づき都道府県又は市町村が指
    定した有形文化財である建造物(付属建造物を含む。)

  (2)文化財的価値を認め、維持・管理を行っている建造物(付属建造物を含む。)

  (3)その他、当該建造物の保存が公共の利益に資する建造物等

2.検査内容

   (1)検査対象

      シロアリの侵入・食害被害、カビ・腐朽被害とします。
      シロアリ以外の木材食害昆虫類の調査は被害の有無のみとします。

   (2)検査方法

      原則として、蟻害や腐朽箇所は非破壊検査(目視、打診、触診など)によるほか
      腐朽環境(床下温湿度、通風状況、床下地盤面の含水状況など)は簡単な現場用
      計測器などを用いて行います。

   (3)検査報告

      検査の結果を報告書にまとめて提出します。 

3.検査員

   公益社団法人日本しろあり対策協会認定の蟻害・腐朽検査員及びしろあり防除施工士が
   中心となって行います。

4.募集期間

   毎年度募集しますが、今年度の募集期間は4月1日~6月30日です。

   検査実施は平成30年度となります。

5.検査物件の決定方法

   本会の蟻害・腐朽検査制度委員会において審議し決定します。

6.申込み先

   公益社団法人日本しろあり対策協会
    〒160-0022 東京都新宿区新宿1-12-12 オスカカテリーナ4階
    電話03-3354-9891  FAX 03-3354-8277

 

申込書はこちらになります → 文化財建造物蟻害・腐朽検査申込書

機関誌「しろあり」№167/情報誌「agreeable」第41号を刊行しました

刊行物2017.02.09

機関誌「しろあり」№167号ならびに情報誌「agreeable」第41号を刊行いたしました。
全ての目次はこちらよりご覧いただけます。
本会正会員の方は、会員専用ページより全文の閲覧が可能です。ご活用ください。

 

167

今号の「しろあり」

ネバダオオシロアリの兵隊分化の至近機構に関する生態発生学的研究 
第25回国際昆虫学会議(ICE 2016)セッション「木材害虫の世界的展望」に参加して
木材害虫由来の排出物の簡易遺伝子分析による種同定  など

 

 

 

 

ag41

今号の「agreeable」

◎誌上セミナー
国土交通省「木造長期優良住宅の総合的検証事業」の耐久性分科会の成果報告
薬剤の知識 第5回/白蟻被害と瑕疵判例 第1回
◎最新シロアリ探知技術 第7回 シロアリの可視化と食害材の身体検査(1)
◎人類学的住居のみかた⑦ 空間呼称からみた空間序列 など

4月6日しろありの日ポスターコンクールのお知らせ

募集2017.01.23

03(平成28年最優秀作品)

 

4月6日「しろありの日」に啓蒙・普及の一環として、小学生を対象として第8回の

ポスターコンクールを下記の要領にて実施します。

会員の皆様のご近所やお知り合いの方々にも声をかけていただき多くの小学生の皆さん

に応募いただきますようお願いいたします。

≪開催要項≫

対象:小学生

ポスターの大きさ:画用紙四つ切(394×540㎜)に準ずる大きさ

ポスターの内容:シロアリに関連するもの。(Q&A等を参考にしてください。)
                     ただし、4月6日は「しろありの日」という標語を必ず使用してください。

募集期間:平成29年3月31日(金)必着

(上記期間を過ぎると受付ができませんのでご注意ください)

応募方法:以下より応募用紙をダウンロードし、必要事項をご記入の上
      応募用紙を作品の裏に貼り付けて、本会までお送りください。

 募集要領・応募用紙   pdfIcon

送り先:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-12-12 オスカカテリーナ4階
     公益社団法人日本しろあり対策協会 ポスターコンクール係宛

結果発表:4月初旬にホームページに掲載

版権について
 ご応募いただいたポスターの版権は公益社団法人日本しろあり対策協会に
属するものとし、応募作は原則として返却いたしません。
また、作品は協会の出版物等に使用することがあります。

防除施工標準仕様書が改訂しました

お知らせ2016.12.14

「防除施工標準仕様書」が改訂しました。

シロアリ防除施工工事を行うにあたって基準になりますので、工事をされる方はご確認ください。

http://www.hakutaikyo.or.jp/boujo/files/h21shiyousho.pdf

 

しろあり防除施工の基本理念は、土壌部分と木材部分に薬剤による2重の障壁を設けて、建築物の劣化の軽減と

耐久性の付与を図ることにあります。

薬剤の使用に当たっては、安全性と環境汚染を起こさないことが最大限に求められています。

環境汚染に対する社会的関心がますます高まっている状況を反映して、基礎外周部の土壌処理は

行わないとする本仕様書の基本理念をしっかり理解され、環境汚染を起こさず有効で安全な防除施工に

努めてください。

<蟻害・腐朽検査士向け>「しろありカルテ」はじまりました!

お知らせ2016.12.08

※この情報は、蟻害・腐朽検査士向け情報です。

このたび、本会では蟻害・腐朽検査士有資格者専用の報告書作成システム「しろありカルテ」の運用を開始いたしました。

しろありカルテ2

※画面は開発中のものです。

「しろありカルテ」を使用すれば簡単な操作で蟻害・腐朽検査報告書の作成が可能に。
従来のCD-ROM版とは異なり、事前のインストールは不要です。
また、現在登録されている蟻害・腐朽検査士の方であれば無料で利用できます。

初回登録には、本会からお送りしましたIDとパスワード、蟻害・腐朽検査士登録番号、
メールアドレスが必要になりますので、ご準備の上初回登録してください。
IDとパスワードは12月7日に検査士の有資格者様に発送しております。

↓初回登録はこちら↓  

bnr_ant_report

  

皆様のご利用をお待ちしております。

  

こちらも併せてご覧ください。

●「しろありカルテ」リーフレット pdfIcon

shiroarikarte

●マンガ 「蟻害・腐朽検査のプロ」掲載
 蟻害・腐朽検査士のご紹介リーフレット  pdfIcon

kensashi1  kensashi2

ページの一番上に戻る